Association Asahikawa water service Foundation

簡易専用水道検査機関 厚生労働省登録第40号

環境方針

                  一般財団法人 旭川市水道協会
                       環 境 方 針 

【環境理念】
 旭川市水道協会は、北海道のほぼ中心である旭川市に在り、市内には,北海道随一の長さを誇る石狩川が流れ、大小約130本もの川と合流しており、雄大な大雪山連峰の自然とそこから連なる山なみは,市民のかけがえのない財産であります。しかし、ますます深刻化する地球温暖化や、今後予想される地下資源の枯渇への対応が人類共通の重要課題であるとの認識に立ち、上下水道の維持管理事業において環境負荷の低減を図るために、全職員一丸となって環境問題についての認識や理解を深めるとともに、環境に配慮した行動をとり、積極的に環境保全に取り組むことを、ここに宣言します。

【環境保全への行動指針】
1. 次の事項について環境目標・活動計画を定め、継続的な改善に努めます。
① 二酸化炭素排出量の削減(低炭素社会への対応)
 ・電力
 ・自動車燃料
 ・暖房用燃料
② 廃棄物の削減及び再資源化の推進(循環型社会への対応)
 ・一般廃棄物(可燃ゴミ)
 ・産業廃棄物(廃プラ、廃油)
③ 排水量の削減
 ・一般水道水
④ 社会貢献
 ・グリーン購入の促進
 ・地域での環境活動への積極的な参加
 ・節水、水環境保全の地域への啓蒙

2. 環境関連法規や取り決めを遵守します。

3. 環境への取組を環境活動レポートとして取りまとめ公表します。

                
                 2017年6月1日制定
                一般財団法人 旭川市水道協会
                  理 事 長   東  光 男

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional